掲示板を通じて知り合った夫婦とスワッピング友達に

掲示板を通じて知り合った夫婦とスワッピング友達に

そもそもスワッピングというものがどういうものか、ご存じですか?
ご存じですよね?
アダルトな洋画作品を見ていてもたまーにネタとして見かけます。
スワッピングという言葉をご存じでない方のために、念のため説明を加えますと、スワッピングとは、主として親しい夫婦間において、セックスのパートナーを交換する火遊びの一種です。
言葉の響きにピンと来なくても、具体的な行為はイメージできるという人がいるかもしれません。
要するに、お友達の旦那さんとセックスするとある女性を指して、スワッピングに精を出す女性ということが言えるわけです。
下品な話をすれば、女性はあくまで「精を出される」側ですけれど。

スワッピングというのは、立派な浮気の一種なのですが、おかしなことに、この行為は両夫婦間の暗黙の了解の内に行われることが多いのです。
本当に、どちらか一方が気づいていないまま、こっそりと行われることもあるのですが、なんと言いましょうか、恋愛のスパイスの一種として、たまには気心の知れた者同士、セックスの相手を好感してみましょうというわけです。

そういう行為が生理的に受け付けられない、理解できない。
という人たちはたくさんいるでしょう。
それはもちろん正しい感性なので、私から口をはさむことはしません。
むしろ、スワッピングという者を説明している私の方が、強い非難を受けてしかるべきです。

それを承知の上で話を進めますと、最近では出会い系サイトというものが非常に活況を迎えているので、ネットを通じて知り合った夫婦が、スワッピングの目的でお互いのパートナーを好感してみましょうと話を持ちかけ会うことも多いそうです。

スワッピング希望というメッセージを掲示板上に書き込めば、またたく間に反応があるわけですから、インターネットというものが発展した現在の世の中はつくづくすごいものです。

やはり冗談みたいな話ですが、別にお互いのことを愛していないわけではないのに、どうしても勃起しないとか、濡れてこないとか、そういうことはあります。
どうしても不安な事があったり、その他の心因的なものがあって。
特に、第一子を流産してしまうなど悲しい出来事に見舞われた女性は、旦那を愛しているにもかかわらず濡れなかったりするんですね。

そういう例え方は少し極端なものとしても、例えば夫婦げんかをした後、お互いに顔も見たくないということはどんな夫婦にだって起こりえる出来事です。
けれども、お互いの体に触れないでいる間も、性欲はどんどんたまっていきます。
むしろ、セックスがしたくてもできないからこそ余計にたまるのです。
ここでどちらか一方が折れて仲直りのセックスができればベストですが、なかなかそううまく話は進みません。
やっぱり、さまざまな場面で「スワッピングというものを専門にした掲示板」は重宝するようですよ。